イベント撮影の難しさ② 納品はスピーディーに!

こんにちは!

メディア事業部の小島です。

前回に引き続き、イベントの記録撮影の難しさを紹介していきます。

 

・イベントが終わったらすぐに納品

撮影した動画は、もちろんお客様の用途にあわせた形式で納品します。納品までの作業は、制作スタッフの腕の見せどころです!

納品物の制作でいちばん時間がとられるのは、「動画の変換」です。

ご希望の納品形態にあわせて撮影した動画を変換するのですが、この作業に何時間もかかります。

さらにマザーズシステム・ジャパンは、設立当初から「イベントの想い出が強いうちにスピーディーに納品すること」にこだわってきました。イベント直後にDVD納品、翌日にネット経由でデータ納品など、短納期のリクエストにもお応えしています。

時間がかかる作業を素早くおこなうため、制作スタッフもイベント撮影前から準備をし、
効率良く作業できるように知恵を絞っています。

撮影から納品の工程でも、小さなこだわりが詰まっています。

 

【イベント撮影・映像制作、婚礼システム構築】マザーズシステム・ジャパン